同じ夢を抱く仲間とともに... 授業に、実習に、地域参加に、研修に... 専修大学北上福祉教育専門学校にようこそ。

後援会

専修大学北上福祉教育専門学校後援会

本校後援会は、学生の保護者のみなさまによる会です。本校にご支援を頂いていると共に、学生の福利厚生や就職支援の補助なども行っております。また、保護者の皆様を対象とした研修会なども開催しております。

《専修大学北上福祉教育専門学校後援会会則》

第1章 総則

第1条 本会は専修大学北上福祉教育専門学校後援会と称し、事務局を本校に置く。

第2条 本会は、本校の学生の父母並びに本会の趣旨に賛同する者をもって組織する。

第3条 本会は、学校と学生の家庭との連絡を密にして学校の教育を援助し、併せて会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第4条 本会は次の事業を行う。
1 学校の施設の充実と教育一般の改善に関すること。
2 教員、学生の研究の助成と福利厚生に関すること。
3 学校と家庭との連絡並びに父母との懇談に関すること。
4 その他の目的を達成するために必要な事業。

第2章 役員及び顧問

第5条 本会に次の役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 2名
(3)幹事 若干名
(4)会計監事 2名
会長は会務を統理し、本会を代表する。
副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。
幹事は、総会に提出する議案その他重要な事項を審議する。
会計監事は、会務及び会計を監査する。

第6条 会長、副会長及び会計監事は、総会において選出し、幹事は会員中より会長がこれを委嘱する。
役員の任務は1ヶ年とする。但し再任を妨げない。

第7条 本会に顧問を置くことができる。
顧問は、幹事会の推薦により会長がこれを委嘱する。
顧問は、会長の諮問に応じる。

第3章 会議

第8条 総会は毎年4月とし、会長がこれを召集する。但し会長が必要と認めたときは臨時総会を開くことができる。

第9条 総会には次の事項を付議しなければならない。
1 会則の改正
2 役員の選出
3 毎年度事業計画
4 予算の決定及び決算の承認
5 その他会長が必要と認めた事項

第10条 総会は委任状を含み、会員の5分の1以上の出席により成立する。

第11条 幹事会は会長がこれを召集する。

第4章 経費

第12条 本会の経費は、会費、入会金、寄付金およびその他の収入によってこれにあてる。

第13条 会費は年額1万円とし、4月、9月の2期に分納するものとする。

第14条 入会金は2千円とし、学生の入学の時に納入するもとのする。

第15条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第5章 附則

本会則は昭和40年4月1日から施行する。
校名の変更に伴い会則の一部変更(昭和51・5・1)
会則の一部変更(第14条・第15条・昭和54・6・1)
校名の変更に伴い会則の一部変更(平成3・4・1)