出前講座について

専修大学北上福祉教育専門学校「出前講座」実施要項

1 趣旨
 専修大学北上福祉教育専門学校では、幼児教育・福祉教育の地域における啓発と発展を目指し、中学校・高等学校を対象に出前講座を実施いたします。(原則的に中学校・高校生対象ですが、その他の利用につきましてはお問い合わせ下さい。)

2 実施主体
 専修大学北上福祉教育専門学校

3 対象
 中学生・高校生(全学年)、「総合学習」の時間に対応させていただくことも可能です。

 ※原則として岩手県内の中学校・高等学校を対象としますが、県外の学校につきましては、
   ご相談ください。

 ※中学校・高等学校以外での利用に関しましては、入試広報部にお問い合わせ下さい。

4 費用
 無料(全て本校で負担いたします。)

5 講座の内容
 幼児教育、保育、介護、福祉全般に関する下記の内容を参照ください。

みて・きいて・つくってあそぼう 岸 隆子(保育科)
乳幼児の保育現場では、多様な保育実践が展開されています。高校生に子どもが興味関心を示す保育内容を体験してもらい、「保育の楽しさ」を知るきっかけにする講座です。
子どもの環境を考える 徳増 全矢(保育科)
幼児の視界を再現するめがねを作成し、子どもの視野を体験することを通して子どもにふさわしい環境について考えてもらいます。めがね製作時には、道具などを使用する子どもへの留意点も学習してもらう講座です。
子どもの音楽に親しもう 磯貝 友絵(保育科)
子どもたちは、歌を通して新しい言葉に出会ったり、手遊びやリズム遊びを通してふれあいの輪を広げながら、表現する楽しさを味わいます。子どもと音楽について考えながら、音楽活動を楽しんでもらう講座です。
子どもと心理 熊谷 賢(保育科)
子どもと関わっていく時に心理学の知見は欠かせません。子どもの心の不思議や、大人と子どもの心の違いについてなど、子どもの心を科学的な視点から学び、体験してもらう講座です。
幼児期における運動遊び 富谷 彩野(保育科)
幼児期は遊びを通じて様々なことを学び、成長していきます。運動遊びが幼児期にもたらす効果を理解し、実際に身体全体を使った運動遊びを体験し、留意点などを学びながら楽しんでもらう講座です。 
福祉の仕事と資格 菊池 潤(福祉介護科)
福祉の仕事と一言で言っても、対象とする人の違いによって、仕事の内容、必要な資格等が異なります。福祉・介護の職場や資格を紹介しながら、その魅力について学んでもらう講座です。 
私たちにも出来る認知症の人との接し方 佐藤 きよ子(福祉介護科)
身近には、認知症の人が増えています。認知症の人たちが安心して暮らせるような地域にするために、認知症を正しく理解し、今からできる対応を学んでもらう講座です。 
「介護する」ってどんなこと 成田 富喜子(福祉介護科)
高齢者は特別な存在ではなく、私たちの未来の姿です。人は加齢に伴いどのような状態になり、毎日の生活はどう変化していくのか。分かりやすく解説し、日常生活を支える「介護福祉士」の役割について学んでもらう講座です。 
手で話そう 鈴木 早苗(福祉介護科)
手話は耳の不自由な方のコミュニケーション方法のひとつです。普段の生活での動作やしぐさ、表情で伝わることもたくさんあります。簡単な挨拶や単語を手話で表しながら、伝え合うことの楽しさや豊かな表現力の大切さを学んでもらう講座です。 
10  他者理解と自己理解 白澤 宏明(福祉介護科)
 介護などの対人援助職は、利用者や家族との信頼関係を築くことが基本的なこととなります。信頼関係を築くために自己理解(自己覚知)をしながら、他者理解の方法について理解を深めてもらう講座です。 

 上記の講座内容に限らず、ご要望に合わせた内容にすることも可能です。お気軽にご相談ください。

6 申し込み方法
    お申込は、電話、FAX、E-mail、本校事務局窓口でお受けいたします。

    お気軽にお申し込み、ご相談ください。

  ※詳細はこちらで見ることが出来ます。PDFファイル(リーダー等が必要となります。)

    (申し込み先) 専修大学北上福祉教育専門学校入試広報部 白澤・コ増

〒024-8513岩手県北上市鍛冶町1-3-1 TEL: 0197-61-2131 FAX: 0197-61-2423
    メールアドレス: senshu-u-fukusi@themis.ocn.ne.jp



専修大学北上福祉教育専門学校
〒024-8513 岩手県北上市鍛冶町1-3-1 電話:0197-61-2131